NEWS 最新情報・関連情報

  • TOP
  • 最新情報・関連情報
  • 【プログラム】「Hatch Technology NAGOYA」―先進技術を活用した社会実証の提案企業等の募集を開始―

【プログラム】「Hatch Technology NAGOYA」―先進技術を活用した社会実証の提案企業等の募集を開始―

2020.07.06

 名古屋市では、技術の研究開発や社会実装を促進し、先進技術を有する企業等の集積を図るため、様々な課題に対応する先進技術を活用した社会実証を支援する「Hatch Technology NAGOYA(ハッチ テクノロジー ナゴヤ)」を実施します。
 本市が提示した行政課題や社会課題の解決策を持つ企業等を募集するとともに、本市等の施設やサービスを社会実証の場(フィールド)として活用・提供したい企業等を募集します。

【Hatch Technology NAGOYA―概要】

1 課題提案型社会実証支援
  庁内から集めた行政課題、社会課題に対して、先進技術を活用した解決策を企業等から広く募集し、選定した実証プロジェクトに対する費用の一部負担や、専門家によるマネジメント等の支援を実施します。

(1)課題
   提示した10課題の中から、行政課題4件と社会課題2件とを選定
   (提案課題はこちら

(2)募集対象
   先進技術を活用した解決策を持つ、スタートアップをはじめとする企業等

(3)募集期間
   令和2年7月6日(月) ~ 7月31日(金)

(4)選定された解決策に対する支援
   ・負担金支払(行政課題70万円、社会課題400万円を上限)
   ・実証に必要な調整
   ・広報PR、大学・研究機関等における技術相談のあっせん など

(5)事業説明会日時
   令和2年7月17日(金) 16時~18時(オンラインでの開催)

(6)今後のスケジュール
   令和2年 9月   :応募企業の審査・選定
   令和2年10月~2月:社会実証 
   令和3年 2月~3月:実証結果取りまとめ・報告

2 フィールド活用型社会実証支援
  本市及び民間施設等を社会実証の場(フィールド)として活用するため、場の提供と課題の整理・解決をするネットワークコミュニティ
「Hatch Meets(ハッチミーツ)」を産学官で立ち上げ、先進技術を有する企業等の提案や実証ニーズを実現します。

(1)募集対象
  (Ⅰ) 本市及び民間部門が提供するフィールドにおいて、自社の先進技術を活用した社会実証を実施したいスタートアップをはじめとする企業等
  (Ⅱ) 自社の施設やサービス等を、実証のためのフィールドとして提供したい企業等

(2)募集期間
   令和2年7月6日(月)から随時募集

(3)実証に向けた支援
   マッチングや実証に必要な調整、広報PR、アドバイザーによる伴走型支援 など

(4)事業説明会の日時
   令和2年7月16日(木) 13時~14時(オンラインでの開催)

(5)今後のスケジュール
   令和2年8月   :「Hatch Meets」の立ち上げ
   令和2年8月~2月:マッチング・実証
   令和2年2月~3月:実証結果取りまとめ・報告

 ※ お申し込みや事業の詳細については、下記リンク先をご参照ください。