NEWS 最新情報・関連情報

「J-Startup CENTRAL」20社を選定しました

2021.01.25

 Central Japan Startup Ecosystem Consortiumは、経済産業省中部経済産業局と連携し、グローバルな活躍を目指すスタートアップ企業を集中支援する「J-Startup CENTRAL」20社を選定しました。愛知県内及び浜松地域に本社があり、ビジョン、先進性・独創性、優位性、成長性、国際性について優れた企業を選定しました。今後、選定された企業に対し、以下の内容を中心に集中的な支援を実施して参ります。

令和2年度選定企業20社の一覧は「J-Startup CENTRAL」をご覧ください。

《選定企業へのサポート》
 ・内閣府アクセラレーションプログラムに優先的に参加
 ・J-Startup(※)との連携
 ・ウェブサイト等での優先的・積極的プロモーション
 ・行政・支援機関等によるビジネスマッチング
 ・「J-Startup CENTRAL」ロゴの使用
  その他、サポート項目は随時追加を予定しています。

(※)J-Startupについて
 グローバルに活躍するスタートアップを創出するために、平成30年6月に立ち上げられました。実績あるベンチャーキャピタリストやアクセラレータ、大企業の新事業担当者等の外部有識者からの推薦に基づき、J-Startup企業を選定し、大企業やアクセラレータなどの「J-Startup Supporters」とともに、官民で集中支援を行うプログラムです。経済産業省・日本貿易振興機構(JETRO)・新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が事務局となり、プログラムの運営を行っています。
○J-Startup選定企業:139社(平成30年 90社、令和元年 49社)https://www.j-startup.go.jp/

(※)J-Startup地域版について
 スタートアップ・エコシステムの構築に積極的な自治体を中心に構成される各J-Startup地域事務局が、地域に根差した有望スタートアップを選定し、公的機関と民間企業が連携して集中支援を提供することで、選定企業の飛躍的な成長を図ります。また、J-Startupプログラムだけでなく内閣府のスタートアップ・エコシステム拠点形成事業とも連動して、各地域のスタートアップ・エコシステムの更なる強化を目指します。

《実施事例》
J-Startup CENTRAL  20社選定(令和3年1月)
J-Startup HOKKAIDO  22社選定(令和2年10月)
J-Startup TOHOKU   34社選定(令和2年11月)
J-Startup KANSAI    31社選定(令和2年10月)