NEWS 最新情報・関連情報

「J-Startup CENTRAL」3社を選定しました

2021.11.01

Central Japan Startup Ecosystem Consortiumは、経済産業省中部経済産業局と連携し、グローバルな活躍を目指すスタートアップ企業を集中支援する「J-Startup CENTRAL(二期)」3社を選定しました。愛知県内及び浜松地域に本社があり、ビジョン、先進性・独創性、優位性、成長性、国際性について優れた企業を選定しました。今後、選定された企業に対し、集中的な支援を実施して参ります。

1.令和3年度「J-Startup CENTRAL(二期)」選定企業一覧(3社) ※五十音順
【愛知・名古屋地域】
 AZAPA株式会社(代表取締役社長&CEO 近藤康弘)
  モビリティを中心とした機能・性能設計、制御最適化、計測適合などのソリューション提案
 株式会社テラ・ラボ(代表取締役 松浦孝英)
  無人航空機設計開発、コンサルタント業務、運行管理、観測オペレーション、災害時等地理空間情報取得、解析
【浜松地域】
 ジーニアルライト株式会社(代表取締役社長 下北 良)
  光学技術と電気回路設計技術を融合したPOCT医療機器及び生体計測センサの開発・製造販売、医薬品の販売

2.選定企業へのサポート
 ・J-Startup全国版との連携
 ・経済産業省関連補助金等加点措置(戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)、JAPANブランド育成支援事業、IPAS(知財アクセラレーショ
  ンプログラム)等)
 ・サポーター制度による企業連携強化
 ・行政・支援機関等によるビジネスマッチング支援
 ・ウェブサイト等での優先的・積極的プロモーション
 ・「J-Startup CENTRAL」ロゴの使用
 ・内閣府スタートアップシティ・アクセラレーションプログラムへの優先参加 
  ※随時追加予定

3.J-Startup CENTRAL選定企業について
 令和3年11月1日現在のJ-Startup CENTRAL選定企業22社は、以下のWebサイトからご覧ください。